遊戯王オンライン也

   *'``・* 。
  ,マ|────'、`*。
  ,。∩(ノノ`ヽ) *
  +ξゝ*^ヮ゚ノξ*。+゚
 `*。  ヽ、巴 つ *゚*
  `・+。*・' ゚⊃ +゚
  ☆   ∪~ 。*゚
   `・+。*・ ゚

  / ヒュペリオーーン ☆ \


デッキレシピ
Twitter
よろしければ、フォロー
お願いします(_ _
・アカウント:KeiwaTwtr


チームメンバー募集中
チーム名: NoCommunity
なんとチーム内の交流は一切なし!
 ⇒ 詳しくはコチラ
粉砕!玉砕!大喝采!
他の人の遊戯王ブログも
ココでチェック( ̄▽ ̄
(↑要は、ランキングUPのため)
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

管理人の情報
歴: βからやってる

トライ: 最高42勝
ガンス: 最高15連
マッチ: 最高・・・わからん!
カテゴリ
さいきんのきじ
リンク
ひゃー
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
<< 再録ガンス(アスモディウス)1 謹賀新年2012 >>

| | | | |
カラクリ Ver1.0
シンクロシテ フィールドニ トモダチ フヤソウヨ
ドローシテ サーチシテ テフダニ トモダチ フヤソウヨ


ボクタチ カラクリダヨ ボクタチ カラクリダヨ ボクタチ カラクリダヨ
ボクタチ カラクリダヨ ボクタチ カラクリダヨ ボクタチ カラクリダヨ
カラクリダヨカラクリダヨカラクリダヨカラカラダヨカカカカカカカカカカカ
カカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカ




デッキタイプ
制限環境
 :ビートダウン
 :2011年12月適用

デュエル速度
安定感
プレイング難度
展開&ドロー
  ★★★★☆
  ★★★☆☆
  ★★★★★
  ★★★★★

では、具体的な紹介の前に、まずはうまく回ったらどうなるかをご覧頂きましょう!



ターン4(後攻の2回目の自ターン)

フィールド: 6枚
 無零怒×2(攻2800)、ナチュビ(魔法無効)、使用済みアーカナ(相手カード2枚破壊)
 伏せカード2枚

手札: 8枚




酷い、酷すぎますぞ!


・・・とまぁここまでブン回るのは稀ですが、こういうデッキです。
ドローしつつモンスターを展開していく、非常にダイナミックな動きが特徴ッ!
是非試して頂きたい、今後注目のデッキです。


【下級モンスター 13枚】
《カラクリ兵 弐参六》3 《カラクリ商人 壱七七》3 《カラクリ参謀 弐四八》3
《カラクリ守衛 参壱参》2 《カラクリ忍者 九壱九》2

【魔法 17枚】
《ブラック・ホール》1 《死者蘇生》1 《サイクロン》2 《大嵐》1
《カラクリ解体新書》3 《借カラクリ蔵》3 《簡易融合》3
《二重召喚》1 《シンクロキャンセル》1 《我が身を盾に》1

【罠 10枚】
《神の宣告》1 《聖なるバリア−ミラーフォース−》1 《激流葬》1
《奈落の落とし穴》2 《次元幽閉》1 《神の警告》2
《魔宮の賄賂》1 《スターライト・ロード》1


【エクストラ 15枚】
《氷結界の龍 トリシューラ》1 (☆9) 《スターダスト・ドラゴン》1 (☆8)
《カラクリ大将軍 無零怒》2 (☆8) 《カラクリ将軍 無零》2 (☆7)
《ブラック・ローズ・ドラゴン》1 (☆7) 《アーカナイト・マジシャン》1 (☆7)
《氷結界の龍 ブリューナク》1 (☆6) 《ナチュル・パルキオン》1 (☆6)
《A・O・J カタストル》1 (☆5) 《ナチュル・ビースト》1 (☆5)
《メカ・ザウルス》2 《カオス・ウィザード》1


■基本的な動き

まずはモンスターの展開の仕方です。展開力に長けたカラクリのご説明。
シンクロモンスターである無零(☆7)か無零怒(☆8)から、フィールドを固めていきます。
この2体に共通するのは
「シンクロ召喚時にデッキからカラクリを特殊召喚できる」
という効果。
これにより、もしさらにもう1体モンスターを確保できれば数珠つなぎ的に無零(無零怒)を召喚してフィールドに並べることが可能です。
召喚権で1体は普通に手札から場に出すことができるので、さらなるモンスターの展開エンジンは以下のカード達↓

 ・死者蘇生(当り前すぎる特殊召喚カード)
 ・二重召喚(もう1度召喚すればいいんや!小町はんが実装されると・・・)
 ・簡易融合(このデッキの超重要カード。先攻1ターン目からでも楽々無零怒が降臨)
 ・シンクロキャンセル(無零を分解し再シンクロすることで、さらにデッキから特殊召喚)

1ターンの間にバババーン! とモンスターを展開しワンショットを狙うチャンスがあるわけですな!


次にドローについての説明です。
カラクリは実際使ったり使われたりするとよく分かりますが、ドローしていく力が半端ない!
手札をガンガン使って場を展開していると思いきや、手札を見ると全然減ってなかったり。
むしろ増えてたり・・・(笑

悪さをしているのは誰かというと、ハイ、無零怒さん(☆8の殿方)ですね。
もちろん、《カラクリ解体新書》も強力なドローソースの1つですよ、奥さん。
無零怒は
『1ターンに1度、カラクリの表示形式が変わると、1枚ドローする』
という効果を持っています。
表示形式なんて、場に出たターンは簡単に変更できないじゃーん!?
いえいえ、カラクリは表示形式を変えるカードに恵まれているんです(キリッ

 ・無零(☆7シンクロ。1ターンに1度、場のモンスの表示形式を変更)
 ・弐四八(☆3チューナー。召喚・特殊召喚時に、場のモンスの表示形式を変更)
 ・借カラクリ蔵(カラクリ専用サーチ魔法。カラクリの表示形式を変更しつつサーチ)

今回の構築の場合、↑こんな感じですね。
とにかく困ったときは弐四八!
「無零怒シンクロ → 効果で弐四八をデッキから特殊召喚」
で即座にドロー効果発動です。地味ながら強力。

さらに無零怒のドロー効果は毎ターン発動するので、場に残った場合は次のターンもドローが可能。
相手からすると、早く対処しないとガンガンドローされていくことになるので非常に厄介です。
2体並んでると毎ターン2枚ドローとか、もう相手涙目すぎますわよネ!

また下級のカラクリ達は
「相手から攻撃対象にされると、表示形式が変わる」
という効果をもっており、コレが無零怒と非常に好相性。
相手のターンになると、無零怒のドロー効果は再び使えるようになります。
つまり、無零怒の隣に下級のカラクリが並んでいると、

 攻撃して下級カラクリ戦闘破壊してみろよ?
 表示形式変わるから、俺は1枚ドローするけどなww ほらほらぁwww

という、他のデッキにはない「謎の駆け引き」を相手に持ちかけることが可能です。
間接的に戦闘破壊耐性を持たせるような、不思議な現象ですね(笑
下級カラクリの表示形式の変化の仕方は、それぞれ微妙に違ったりするので、使い手が熟知している必要があるので気をつけてください。


また、カラクリ達は地属性で統一されているため、ナチュビやパルキオン、ランドオルスが簡単にシンクロできるのも強いです!
簡易融合からの融合モンスもあり、おかげでエクストラがパンパンです。
何を15枚に選択するか、を考えるのも大切な要素の1つですね。



■デッキの回し方

初手はカラクリ商人から必要なカードをサーチしたり、リクルータであるカラクリ兵をセットしてシンクロを行う準備を行います。
先攻初ターンで、いきなり無零怒をシンクロできる場合は、基本的には迷わず動き出してOK。
無零怒特殊召喚 → 弐四八特殊召喚 → 表示形式変更で1ドロー → カードを伏せエンド
という動きが取れれば理想的。
もちろんシンクロキャンセルなどがあって、さらに展開していける時はじゃんじゃん出していきましょう。

シンクロが主戦力のデッキのため、下級モンスターを守っていく立ち回りとなります。
警告や奈落、幽閉などで次の自分のターンまで生かしておければ、反撃のチャンスです!

また、展開力があるといっても、無理に1ショットキルを狙う必要はありません。
無零怒、ナチュビやパルキオン、スタダとフィールドに残っているだけでアドを取っていきやすいモンスターを複数並べやすいので、優勢をキープしつつライフ0を狙っていくことも可能です。


■バトルフェイズの空撃ちについて

カラクリはプレイングが難しい部類に入ると思います。
何をサーチするか悩んだり、デッキから誰を特殊召喚しようか悩んだり。
様々な行動に選択肢が多いこともさることながら、カラクリ達がもっている↓のデメリットに常に注意しなければなりません。
「このカードは攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。」
無零と無零怒以外、つまり下級カラクリは全員持っているデメリットです。
プレイングを誤ると、相手のモンスターに自分から突っ込み自爆したりと大惨事になります(笑

ここで、他のデッキには出てこないプレイングが
『メインフェイズ1ではなく、メインフェイズ2で行動しなければならない場合がある
というものです。
例えば、相手にモンスターがいる場合にカラクリ商人(攻500)を召喚することを考えます。
メインフェイズ1で召喚してしまうと、デメリットから必ずバトルフェイズで攻撃しなければならず、完全に自爆行為です。
一方、メインフェイズ2で召喚すると、バトルフェイズは既に終わっているため、自爆特攻せずにすみます。

まぁ、普通はカラクリ商人召喚から借カラクリ蔵をサーチして、商人の表示形式を守備に変えることが多いのですが、
「カラクリ解体新書をサーチしたい!」
なんて時は、このテクニックが必須となってきます。

遊戯王オンラインはメインフェイズ1にいる時に、ダイレクトにメインフェイズ2へ移行することができないので、
とりあえずバトルフェイズに移行して、何もしないでメインフェイズ2へ
という手順を踏まなければならないわけですナ。
これが、自分が勝手に命名した『バトルフェイズの空撃ち』です(笑



■最後に

カラクリの本領発揮は、次パックであるEXVCで《カラクリ小町 弐弐四》実装後です。
逆に言うと、これさえ来てしまえば一気にOCGと同じ環境となり猛威を奮うことが可能です。
このデッキはエクシーズなくても、あまり影響ないようですしね(ノ▽`
いつ実装かは分かりませんが、個人的にはいまのうちに揃えておいたほうがいいような気がしますよ!

デッキ構築もあくまで一例なので、

 ・我が身
 ・二重召喚
 ・シンクロキャンセル
 ・カラクリ解体新書
 ・賄賂
 ・幽閉
 ・スターライトロード
 ・カオスウィザード & アーカナイトマジシャン

この辺なぞを増やしり抜いたりして、自分好みに改良するのがいいのではないかと。
メインは機械複製術、エクストラデッキはランドオルス・スクドラ・キメラフォートレスあたりが採用候補なのでしょウカヨクワカリマセン。
カカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカ
| デッキ紹介 | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 01:22 | - | - |
 遊戯王ONLINE・攻略ブログ  ランキング参加中です。 旅のお方、よろしければ是非、今日もクリックを。。。










http://yugioh-online.jugem.jp/trackback/307